トップへ

ポケモンGOの攻略まとめサイト

    タグ:スマホ

    no title


    1: 名無しさん 2016/07/26(火) 20:22:09.52 ID:CAP_USER
     BCNの調べによると、2016年7月24日の集計で、量販店におけるスマートフォンの販売台数が増加していることが分かった。

     7月22日に、Pokemon GOの配信が開始されてから、初めての日曜日であり、「Pokemon GO効果」の1つと見られる。
     2016年6月4日(土曜日)の販売台数を100とした場合、7月24日(日曜日)の販売指数は198.8と約2倍となり、過去2カ月で最も販売台数が多くなった。

     とくにAndroid搭載スマートフォンは、232.8と高い販売指数を記録。iPhoneは163.6とAndroid搭載スマートフォンに比べると伸び率は低いが、
    それでも過去2カ月で最も販売台数が多かった。
     その前日となる7月23日(土曜日)もスマートフォン全体の販売指数は151.9となり、土曜日としては過去2カ月で2番目に多い販売台数となった。

     Pokemon GOは、スマートフォンの位置情報を活用することで、現実の世界を舞台としながらも、
    ポケットモンスターに登場するキャラクターを捕まえたり、交換したり、バトルを行なうことができるゲームアプリ。
    米国では7月6日から公開されるなど、日本での配信が開始されるまでに30カ国以上で配信されていたが、日本でも配信開始以来、多くのユーザーがダウンロードした。

     しかし、クルマの運転中や、自転車に乗っている最中にPokemon GOをプレイしていたとして、
    道路交通法違反で摘発される例があったり、深夜の公園に多くの人が集まり、近隣住民から苦情が出るなどのトラブルが発生。社会問題化している。

     日本は、依然としてフィーチャーフォン人気が根強い特殊な市場。国内における携帯電話契約者数のうち、
    フィーチャーフォンは5,486万台となっており、全体の43.1%を占めている。また、MM総研の調べによると、
    2015年度のフィーチャーフォンの販売台数は819万台となり、新規端末の販売でも市場全体の23%を占めている。

     Pokemon GOの広がりによって、今後のフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行促進に繋がるかどうかも注目される。

    【【ポケモンGO】ポケモン効果でスマホの販売台数が倍増wwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ